仲野太賀は二世俳優で父親は中野英雄(チョロ)!プロフィールまとめ

鈴鹿央士は本名?高校・大学は?ドラゴン桜の藤井くん役で注目の俳優女優・俳優

話題のドラマに引っ張りだこの仲野太賀なかのたいがさんは二世俳優です。
父親の中野英雄なかのひでおさんは、1992年の大ヒットドラマ「愛という名のもとに」のチョロ役で人気者に。若い世代の人にはあまり馴染みがありませんが、最近は「Vシネマ」を中心に活躍しています。

仲野太賀さんの父親、プロフィール、経歴などをまとめました。

仲野太賀の父親は中野英雄(チョロ)

仲野太賀さんの父親は俳優の中野英雄さんで、太賀さんは次男です。

中野英雄さんは、1992年の鈴木保奈美主演ドラマ「愛という名のもとに」でチョロという愛称の役を演じ、一躍人気者になりました。

ドラマでは、自殺という衝撃的な最期を迎えて話題になりました。

 

二世扱いを嫌っている仲野太賀さんは、苗字を伏せて「太賀」名義でデビュー。
2019年に現在の「仲野太賀」に改名しましたが、その際も父親と同じ「中野」にはしませんでした。

自ら父親について語ることはほとんどありませんが、仲が悪いわけではありません。
太賀さんがデビュー前には親子で旅番組に出演したり、2020年には雑誌(Numero TOKYO 10月号)に父親と登場しています。

 

逆に、中野英雄さんはSNSでオープンに太賀さんを応援しています。
息子の活躍は素直に嬉しいですよね。親バカ全開!(笑)

 

仲野太賀のプロフィール

本名   中野太賀(なかのたいが)
旧名義  太賀(たいが)
生年月日 1993年2月7日(28歳)※2021年7月現在
出生地  東京都
身長   168cm
血液型  A型
学歴   日出学園高等学校(現・目黒日本大学高等学校)
活動期間 2006年~
事務所  スターダストプロモーション
公式サイト 仲野太賀のプロフィール

 

 

俳優を目指したきっかけは山田孝之

子役からスタートした仲野太賀さんは、インタビューで俳優を目指したきっかけを次のように語っています。


小学生のとき、ドラマの「ウォーターボーイズ」を見て、山田孝之さんに憧れてというのがきっかけ

引用:シネマトゥデイ

 

その後、山田孝之さんとは映画「MONSTERZ モンスターズ」「50回目のファーストキス」で共演を果たしました。

当時は父親の影響はなく、父親の作品はほとんど観ていなかったのだとか。とはいえ、芸能界が近い環境で育ったことの影響は、やはりあったようです。

父親が俳優という家庭で育っていて、会社に勤めるということがあんまりにも現実的じゃなかった。どうやって就職するのか、大学の行き方もわからないというぐらいものすごく遠い世界で、圧倒的に芸能界が近かったんです。周りにもそういう人たちしかいないから。だから、役者になりたいと軽く言えたのかなって思うんですよね。

引用:シネマトゥデイ

 

 

仲野太賀の経歴

1993年 俳優・中野英雄の次男として誕生

2005年 「いい旅・夢気分 家族で行きたい!夏のおすすめ旅 6選」に親子で出演(6月15日放送)

2006年 ドラマ「新宿の母物語」で俳優デビュー(芸名「太賀」/13歳)

2007年 大河ドラマ「風林火山」に竜若丸役で出演(14歳)

2008年 映画「那須少年記」に城山修役で初主演(15歳)

2014年 「第6回TAMA映画賞」で菅田将暉とともに最優秀新人男優賞受賞(21歳)

仲野太賀は二世俳優で父親は中野英雄(チョロ)!プロフィールまとめ

2016年 ドラマ「ゆとりですがなにか」で演じたゆとりモンスター・山岸ひろむ役が一躍脚光を浴び、その後スピンオフ「山岸ですがなにか」が制作・配信される

2016年 ドラマ「仰げば尊し」の高杢金也役(パンチパーマ&ヒゲ&アロハシャツ)が話題に

2018年 ドラマ「今日から俺は!!」で演じたおバカキャラ・今井勝俊役が人気者に

2019年 6月24日より芸名を「仲野太賀」に改名(本名の中野と「”仲間”との出会いが俳優人生の財産である」と実感したことから)

2020年 ドラマ「あのコの夢を見たんです。」の山里亮太役で民放ドラマ初主演

 

知るみん
知るみん

「この恋あたためますか」「コントが始まる」「#家族募集します」など話題のドラマに立て続けに出演!

 

 

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました