【M-1グランプリ2019】準決勝への復活枠・ワイルドカードとは?

【M-1グランプリ2019】準決勝への復活枠・ワイルドカードとは?お笑い

「M-1グランプリ2019」の準決勝進出者25組が決定しましたが、「ワイルドカード」という復活枠が存在します(決勝戦の敗者復活枠とは異なります)。
こちらは、ネタ動画の視聴人数がトップだったコンビが選ばれます。

ということは、準決勝に進めなかったEXIT、金属バット、宮下草薙、ゆにばーす、三四郎、スリムクラブなどの人気芸人にもまだチャンスがあるということ。
「ワイルドカード」についての詳細をまとめました!

「M-1グランプリ2019」ワイルドカードとは?

準々決勝で敗れた芸人のネタ動画がGYAO!で配信されます。
動画の視聴人数が多かった芸人が準決勝に復活します!

◆集計期間 11/23(土)~11/29(金)
◆動画視聴人数1位が準決勝復活
再生回数ではなく、人数が対象(1人が何回見ても1回のカウント)
◆ワイルドカード枠が準決勝で敗退した場合、敗者復活戦には出場できない

「M-1グランプリ2019」ワイルドカードと敗者復活枠の違いは?

ワイルドカード

準々決勝敗退者が対象
1位に選ばれると、12/4(水)の準決勝に進める

敗者復活枠

準決勝敗退者が対象
敗者復活戦は決勝戦と同日の12/22(日)に行われ、1位は決勝戦(生放送)に進める

「M-1グランプリ2019」ワイルドカードに対する芸人の意見は?

ワイルドカードは、ネタにかかわらず人気投票的な側面もあり、本意ではない芸人さんも……。
SNSではEXITと金属バットの一騎打ちなのでは? という意見が散見されます。

EXIT

金属バット

宮下草薙

ゆにばーす

令和ロマン

 

知るみん
知るみん

2018年は「令和ロマン(旧コンビ名:魔人無骨)」がワイルドカードをゲットしたのね!