森田望智の生い立ちは?「全裸監督」でAV女優・黒木香を体当たり演技

森田望智の生い立ちは?「全裸監督」でAV女優・黒木香を体当たり演技 エンタメ

動画配信サービス「Netflix」で配信された「全裸監督」で話題となり、一気にブレークした女優の森田望智(もりたみさと)さん。
それ以前はほぼ無名でしたが、AV女優・黒木香さんが憑依したような演技と見事な脱ぎっぷりで脚光を浴び、「全裸監督」シーズン2の制作も決定。
さらに、第24回釜山国際映画祭で最優秀新人賞を受賞し、レッドカーペットを歩きました。韓国でもとても話題になり「1日で全話見た」とジェジュンも絶賛!

そんな森田望智さんってAV女優なの? なぜこの役に選ばれたの? どんな生い立ち? 気になるところをリサーチしました!

女優・森田望智(もりたみさと)さんのプロフィール

森田望智の生い立ちは?「全裸監督」でAV女優・黒木香を体当たり演技

生年月日 1996年9月13日(23歳)※2019年12月現在
出身地  神奈川県
身長   163cm
血液型  O型
趣味   演劇鑑賞
特技   フィギュアスケート、クラシックバレエ
活動期間 2011年~
事務所  ソニー・ミュージックアーティスツ

女優・森田望智(もりたみさと)さんの主な出演作品

映画

2013年 6月 遠藤幹大監督「友達」★映画初出演作
2014年 8月 ウエダアツシ監督「リュウグウノツカイ」(結城若菜役)
2016年 8月 ごとうたつや監督「キスは命がけ!」(はるか役)
2017年 2月 村上正典監督「一週間フレンズ。」(加藤美咲役)
2018年 6月 草野翔吾監督「世界でいちばん長い写真」(吉岡真奈美役)

ドラマ

2015年10月 TBS「図書館戦争-BOOKOFMEMORIE-」
2016年 6月 フジテレビ「痛快TVスカッとジャパンSP」(川本麗香役)
2017年 6月 dTV+フジテレビ「パパ活」野島伸司脚本(小野ルイ役)※ネット配信
2018年 2月 MBS・TBSドラマ「賭ケグルイ」4話・5話(筆頭伝文研員役)
2019年 7月 テレビ東京「Iターン」(めぐみ役)
2019年 8月 Netflix「全裸監督」(黒木香役)※ネット配信

CM

2011年 6月 栄光ゼミナール「高校受験編」★女優デビュー作
2017年 5月 西武鉄道「ちちんぶいぶい秩父」
2017年10月 エイブル「女子割」・「物確実況」
2018年 3月 日比谷シャンテ「30周年歌うように生きよう篇」

森田望智さんってAV女優なの?

森田望智さんは、今のところ「全裸監督」以外で脱いだ役はなく、AV女優ではありません
「全裸監督」でAV女優・黒木香の役柄を演じるために、覚悟を決めて見事な脱ぎっぷりを披露しました。
黒木香になりきるために、彼女が出演するバラエティの映像を見たり、風俗街やストリップショーを見に行って事前に勉強したと言います。
それにしても、撮影時は10時間以上裸のまま過ごしたというのはスゴイですね。
共演した満島真之介さんが「撮影期間中、女性の裸とか何も感じなくなって、どうでもよくなってました」と語るほど、それが日常的な撮影現場だったようです。

森田さんは、この作品のオーディションを受けた理由を次のように語っています。まさに体当たりですね。

オーディションを受けても受けても、なかなか受からなくて、全然お仕事がなかった。だから、『全裸監督』のオーディション時には、作品の題材や役柄がどうというより、山田孝之さんが主演で武正晴さんが監督をされる作品に出られたら、もし失敗しても、名前が悪いように広まっても、今の状況よりは良いだろうと思っていました。失うものが、本当になかったんです(笑)

引用:vivi.tv

森田望智さんが「全裸監督」ヒロインを射止めた理由

森田望智の生い立ちは?「全裸監督」でAV女優・黒木香を体当たり演技

武 正晴総監督は森田望智さんを起用した理由を次にように語っていました。

村西さんが黒木さんと出会ったかのように僕らもそういう女優さんに出会いたいと思ってオーディションをして、そこに彼女は見事なワキ毛を生やして現れました。それだけ(が起用の理由)ではないですが『この人は黒木さんになるな』と思った。

引用:AV Watch

実際のオーディションでは、自分で描いたワキ毛については監督にスルーされてしまったとか(笑)
その時の様子を、森田さんはこのように語っていました。

でも、シーンの描写にワキ毛を見せるって書いてあったんですよ! なので、『ないから描かなきゃ』と描いただけで、私の中では当たり前だと思ってたんです。アイライナーでスススっとリアルに描いていきました(笑)

引用:vivi.tv

森田望智さんの家族や生い立ち

フィギュアスケートに明け暮れた小学生時代

女優を目指したきっかけ

子どもの頃、自宅の近所で見た映画撮影の現場に感動し、「あの中の一員になりたい」と思うようになりました。
「当時は、女優に限らず、メイクさんでも音声さんでも何でもよかった」と本人は語っています。

家族は両親と妹

「全裸監督」が配信されたときは、両親と一緒に爆笑しながら鑑賞したそうです。
フィギュアスケートやクラシックバレエをやらせてもらえるような、裕福で由緒正しい家庭だったと想像できますが、娘の夢に理解のあるご両親あってのこの活躍なのでしょうね。

 

知るみん
知るみん

2020年1月スタートの天海祐希主演ドラマ「トップナイフ」に看護師役で出演するわよ~