【2020年】嫌いなジャニーズランキングワースト20(週刊文春)

【2020年】嫌いなジャニーズランキングワースト20(週刊文春)歌手・タレント

週刊文春が第3回「好きなジャニーズ」「嫌いなジャニーズ」のアンケートを実施し、ランキング結果を発表しました。
アンケートは2019年9月30日から2020年1月6日までの約100日にわたって、文春メルマガ読者を対象に募集しました。総回答数は1万6,276票(男性約29%、女性約71%)。11歳から85歳までの幅広い年齢層から票が集まったそうです。
ここでは、「嫌いなジャニーズランキング」ワースト20と理由をまとめました!

嫌いなジャニーズランキングワースト20

順位前回名前(グループ名)得票数
1位1位【2020年】好きなジャニーズランキングベスト20(週刊文春)木村拓哉1,796
2位8位【2020年】好きなジャニーズランキングベスト20(週刊文春)二宮和也(嵐)833
3位3位【2020年】嫌いなジャニーズランキングワースト20(週刊文春)手越祐也(NEWS)749
4位4位【2020年】嫌いなジャニーズランキングワースト20(週刊文春)近藤真彦533
5位2位【2020年】嫌いなジャニーズランキングワースト20(週刊文春)小山慶一郎(NEWS)531
6位6位【2020年】好きなジャニーズランキングベスト20(週刊文春)中居正広526
7位5位【2020年】好きなジャニーズランキングベスト20(週刊文春)松本潤(嵐)305
8位7位【2020年】好きなジャニーズランキングベスト20(週刊文春)櫻井翔(嵐)238
9位15位【2020年】嫌いなジャニーズランキングワースト20(週刊文春)村上信五(関ジャニ∞)230
10位22位【2020年】嫌いなジャニーズランキングワースト20(週刊文春)国分太一(TOKIO)184
11位15位【2020年】好きなジャニーズランキングベスト20(週刊文春)大野智(嵐)166
12位10位【2020年】好きなジャニーズランキングベスト20(週刊文春)平野紫耀(King & Prince)134
13位【2020年】好きなジャニーズランキングベスト20(週刊文春)城島茂(TOKIO)132
14位28位【2020年】好きなジャニーズランキングベスト20(週刊文春)相葉雅紀(嵐)71
15位13位【2020年】嫌いなジャニーズランキングワースト20(週刊文春)伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)58
16位22位【2020年】好きなジャニーズランキングベスト20(週刊文春)亀梨和也(KAT-TUN)52
17位14位【2020年】好きなジャニーズランキングベスト20(週刊文春)岡田准一(V6)44
18位21位【2020年】嫌いなジャニーズランキングワースト20(週刊文春)菊池風磨(Sexy Zone)38
18位26位【2020年】好きなジャニーズランキングベスト20(週刊文春)東山紀之(少年隊)38
20位20位【2020年】好きなジャニーズランキングベスト20(週刊文春)堂本剛(KinKi Kids)37

嫌いな理由は?

1位 木村拓哉

3回連続ワースト1位。妻・工藤静香さんや娘Koki, さんの露出についての不満だけでなく、二宮和也さんが事前に結婚の相談をしたという報道で嵐のファンからも批判の声が寄せられています。

「二宮和也のジャニーズ史上最悪な結婚を後押しした悪人。あなたがデキ婚してもファンを黙らせたことは実力だけど、二宮和也の結婚を後押しする理由にはならない。無責任。ファンをなんだと思ってるんだろうと思う」(女・21)
「ソロ活動の理由を『ファンが望んだから』としたのが許せませんでした。ファンが望まないのに自我を通して結婚し、ファンが望まないのにSMAPを解散させ、ファンが望まないのにジャニーズ残留です。なのに、音楽活動は『ファンが望んだ』からだと。どの口でいうのか」(女・50)

2位 二宮和也(嵐)

デビュー20周年記念ツアーの真っ最中の結婚発表は、2020年末での活動休止にもショックを受けていたファンにとってはさらなる大きなショックだったようです。

「グループの20周年のお祝いムード、休止まで頑張ろうというムードをぶち壊した、史上最悪のジャニーズタレント。結婚は別に構わないと思うが、相手とタイミングがズバ抜けて悪い。嵐のこともファンのことも何も考えていない。辞めたいならさっさと辞めてもらって構わない。今までにここまで嫌いになったジャニーズは初めて」(女・24)
「とにかく結婚のタイミング。直後の札幌に入った友人がこの件が腫れ物状態でずっとヒヤヒヤしながら見ていて全く楽しめなかったと言っていました。ファンにとって最後の嵐ライブになるかもしれない空間を壊した男として軽蔑しかありません」(女・52)

3位 手越祐也(NEWS)

先輩グループの嵐を揶揄する替え歌を披露するカラオケパーティでの振る舞いなど、度重なる問題行動にファンからは批判が相次いでいます。

「問題を起こしてもしらばっくれて何度も繰り返し反省がなさそうなところが嫌い」(女・54)
「ファンを舐め腐っているとしか思えない。全てにおいて非常識で有り得ない。タレントとしても人としても非常識過ぎて何もかも無理」(女・46)

4位 近藤真彦

ジャニー喜多川氏が亡くなった際には「長男でいながら、何度も泣いちゃいました。叱られそうです」とコメントするなど、所属タレント最年長として活動しています。

「芸能人なのかカーレーサーなのかわからない中途半端さ。歌も演技もさして上手くはないのに努力している様子も無い。若い時は女遊びをよくしていたようでお金と女にはルーズなイメージ。ジャニーズの長男とは名ばかり」(女・51)
「最古参というだけで威張っている。長男というなら、何か家族に貢献しては」(女・56)

5位 小山慶一郎(NEWS)

明治大学を模範生として卒業し、櫻井翔に続く“ジャニーズのエリート”として期待されていましたが、未成年との飲酒により2010年から出演していた日本テレビ系の報道情報番組「news every.」を降板しました。

「たくさんの問題を起こしたのに、反省してなさそうな態度に驚きます」(女・22)
「音痴であることも許せないが、なにより櫻井くんが切り拓いたジャニーズ×キャスターの道に泥を塗る行為をしたことが許せない」(女・48)

6位 中居正広

アイドルの枠を超えてスポーツ番組からMCまで広く活躍していますが、発言に批判的な声が集まりました。また、SMAP解散のしこりも……。

「野球が好きと言って番組で選手と会話してるが、発言が薄いし誰でも知っている情報を言っているだけ。知識が無さすぎて野球ファンとしては大嫌いな芸能人」(男・48)
「事務所を移籍しようと暗躍してたくせに土壇場で残留。木村拓哉さん一人に裏切り者のレッテルを押し付けて素知らぬ顔」(女・41)

7位 松本潤(嵐)

女優・井上真央さんとAV女優・葵つかささんとの二股交際報道で印象が変わったという声や、テレビ番組などで見せるキャラクターへの違和感などが寄せられました。

「セフレを呼びつけて交通費も出さないで、知らないフリをしている人が天皇の前でよく口パクできたと思う」(女・50)
「自分からコンサートの演出をし始めた上に、自分に都合の良い演出ばかりな人柄が無理。嵐のコンサートが人気なのはメンバーを観にそれぞれのファンが付いてるから」(女・32)

8位 櫻井翔(嵐)

慶應大学卒のエリートですが、父が元総務省事務次官で現在は電通取締役というのも有名。ただ、そこに反発を感じる人も多いようです。

「自分は他のジャニーズとは違うというエリート意識が鼻につく」(女・56)
「休止会見から、俺がリーダーと言わんばかりの浮かれ具合があからさま。それなのに、ネットの声に敏感でころころ意見や態度を変える。ニュース番組でも常に上から目線で不快。リーダーの器じゃない」(女・52)

9位 村上信五(関ジャニ∞)

人気番組のMCを数多く務め、嵐が活動休止のあとは紅白の白組司会の有力候補とも言われています。が、そのMC活動に対してアンチも多いようです。

「司会がうるさい。大物ゲストに対するヨイショが露骨で感じが悪い」(女・28)
「ルックスも喋りも、ジャニーズというより吉本」(女・45)

10位 国分太一(TOKIO)

メインキャスターを務めていた情報バラエティ番組「ビビット」(TBS系)が2019年9月に終了。プライベートでは2015年に元TBS社員と結婚し、2児の父親です。

「大物ご意見番と勘違いしてるような素ぶりがある。昔は好きでファンレターも書いた事があるだけに、現在の彼にガックリ」(女・43)
「『〜っすね』と学生みたいな語尾が永遠に抜けていない。フォーマルな場面でも使うので、真剣味も清潔感もない」(女・33)

11位 大野智(嵐)

活動休止を発表する文章内では、自らが休止の提案をしたと明らかにしていますが、これが影響してしまったようです。

「休みたいなら1人で勝手に休んでほしい。嵐の20周年をぶち壊しにした」(女・23)
「やる気はないけどやるときはやる人なのかと思ったが、本当にやる気がなかったのががっかりだし残念。今はやる気が無いに加えてキレキャラなのもますます残念。仲間うちの番組だけならよいがたまに他の番組に出ると周りのMCやゲストが扱いに困ってるような感じにみえる」(女・39)

12位 平野紫耀(King & Prince)

天然系キャラクターに馴染めないファンも多いようです。

「無知を天然と称して可愛いアピールが小賢しく感じる。言動があざとくみえて不愉快」(女・38)
「自分が誰と親しくしてるとか、誰に可愛がってもらってるかをとにかくアピールしているように見えるし、誰の名前を出すと自分が得をするのか考えて言っているように見える。天然なところも嘘ではないと思うけど、そういう部分は計算高いなと思います」(女・31)

13位 城島茂(TOKIO)

2019年9月28日に24歳年下のグラビアアイドル・菊池梨沙さんとの結婚を発表。相手の義母が本人よりも年下という状況に戸惑ったファンも多かったようです。

「結構好感持ってたのに、結婚報道で失望。娘ほどの相手の上にデキ婚って何かこっちが恥ずかしくなるよ。付き合い始めた頃は未成年じゃないよね。山口達也と紙一重?」(女・59)
「20歳そこそこのグラドルに手を出していてよくも山口くんのことを批難できたなと。何十年と築き上げてきたイメージが全て崩れた」(女・43)

14位 相葉雅紀(嵐)

バラエティ番組のみならず、2016年は「紅白歌合戦」の白組司会を単独でこなし、2019年は「FNS歌謡祭」(フジテレビ系)の総合司会を務めました。が、その司会業へのブーイングも多いようで……。

「トーク力がない。司会業などもグダグダで見てられない」(女・14)
「20年もやってるのにいまだにブレスができてなくて、歌に雑音が混じる。芝居やれば棒読みだし、ダンスは振りを間違えてばかり。彼は何ができる人なの?」(女・29)

15位 伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)

かつてはAV女優との海外旅行が取り沙汰され、2016年には「週刊文春」がテレビ局アナウンサーとの“ザッピング二股愛”を報じました。マッシュルームヘアの可愛らしいイメージとは対照的に、肉食男子のイメージが定着しているようです。

「女性関係にふしだらで、喋りかたに品位を感じない。めざましテレビに出演しているのが信じられない」(男・64)
「個性もなく良さが全く分からない。目元が隠れている髪型は朝の番組にはそぐわないし、居眠りしかけている様子も見て不快だった。それ以来、彼が出ている曜日は観ていない」(女・44)

16位 亀梨和也(KAT-TUN)

脱退が相次ぎ、6人組がいまや3人組にまで減ってしまったグループのゴタゴタの中での言動にも注目が集まったようです。

「結構クールに損得勘定で行動している感がある」(女・52)
「自分に酔ってる。生意気。目上の人に媚び売ってるように見える」(女・45)

17位 岡田准一(V6)

ファンの記憶には、妻で女優の宮﨑あおいさんと不倫関係から結婚に至った経緯がいまだに“黒歴史”として残っているようです。

「不倫略奪してクリスマスイブに報告するのはファンに礼儀が無さすぎる」(男・21)
「『ジャニーズだから、役者として認めてもらえない』とかずっと文句を言ってたくせに、不倫略奪婚を事務所の力技で『なかったこと』にしてもらっているのは納得できない。少なくとも、ファンに対しては自分の言葉で真摯に説明すべきだったと今でも思っている。結局、ファンのことなんか何も考えてなかったのだということを再確認して、心から失望した。デビューからこれまで、お前にいくら使ったと思ってんだ!?というのが『元ファン』の正直な気持ち。(※結婚前に公開した)映画『関ヶ原』と(結婚後に公開の)『散り椿』の興行収入の差が、ファンが出した答えだと思ってほしい」(女・59)

18位 菊池風磨(Sexy Zone)

嵐のデビュー曲「A・RA・SHI」の作詞を手掛けたシンガーソングライターの菊池常利氏を父にもつというプロフィールは、良くも悪くも注目を集めてしまうようです。

「お父さんが嵐の『A・RA・SHI』を作詞したからって調子に乗りすぎているようにみえる」(女・46)
「すかしてる感が嫌」(女・43)

19位 東山紀之(少年隊)

ナレーションにキャスターにと、近年はステージ外でも活躍していますが……。

「とてもキャスターやるような器ではない。とくに、沢尻エリカに対しての『たかが薬で人生終わってほしくない』というコメントはキャスターとしては失格では? 薬を軽く考えている証拠」(女・48)
「一向にMCの腕が上達しない。もっと勉強が必要だと思います」(男・45)

20位 堂本剛(KinKi Kids)

天才肌の言動が気になってしまうという声が集まりました。

「話し方やファッションが理解できない」(男・54)
「自分勝手で、人に迷惑をかけても平気。自ら『努力なんてしなくていい。自分の好きにするからついて来れる人だけついてこい』なんて、ふざけたことをコンサートで平気で言う。なら、アイドル事務所をやめればいい」(女・61)

 

知るみん
知るみん

辛口コメントが多いわね……
それだけ注目されているということかしら……