【ダブルベッド】山本ソニアと最終回で炎上した武田航平のその後

【ダブルベッド】エピソード1(犬飼貴丈×ロン・モンロウ)のあらすじテレビ

恋愛ドキュメンタリー番組「ダブルベッド SEVEN DAY LOVER」(TBS)エピソード3(武田航平×山本ソニア)の最終回は、武田航平さんが説教をして山本ソニアさんを泣かせるという後味の悪い結末を迎えました。

番組終了後はSNSや武田航平さんのインスタが炎上する騒ぎに。視聴者の反応や、その後の武田航平さんと山本ソニアさんの反応についてまとめました。

【ダブルベッド】エピソード3(武田航平×山本ソニア)の7日間のあらすじはこちら

エピソード3の結末は?

とてもいい雰囲気で距離を縮めてきた二人は、同棲5日目にマンションを飛び出して温泉旅行へ出かけました。

【ダブルベッド】山本ソニアと最終回で炎上した武田航平のその後

その夜、フランス育ちの山本ソニアさんが「こういう布団じゃ寝れない。ちょっと落ち着くまで手握っててくれない?」と手を差し出したところ、武田さんは「カップルみたいじゃん!…今じゃないっしょ。布団入って手握っちゃうと」と断ってしまいました。

【ダブルベッド】山本ソニアと最終回で炎上した武田航平のその後

翌朝、ソニアさんは「これ番組だけど、どういう心得でやろうと決めたのかな?」と本音をぶつけました。
すると武田さんは「湧いてない感情で何かするっていうことが困難だった。それが今じゃないっていう言葉に表れていると思う。期待に応えられなくてゴメンね」と答えました。

旅館を後にした二人は、気持ちを切り替えてテーマパークで盛り上がります。
マンションに帰ると、武田さんは「せっかく最後の夜だし、色々話せればなーと思ってる」と、6日間で感じたソニアさんへの思いを語りだしました。

【ダブルベッド】山本ソニアと最終回で炎上した武田航平のその後

「クローゼットの服がばーっと置いてあったり、料理後にやったまま寝ちゃって放置されたままとか、それを俺が片づけをしたり、ゴミが落ちたままとか、せっかくパパからもらったものを段ボールのままとか、入浴剤が使ったあと袋がそのままとか、そのあと入る人が片づけることになったり。彼女だったら、女性だったらやってとか思っちゃうの俺ね。ずっと求めてる訳じゃないけど、7日間って限られてたから、そこをやってくれたら嬉しかった」

【ダブルベッド】山本ソニアと最終回で炎上した武田航平のその後

まさかのダメ出し説教をされたソニアさんの顔が急に曇って、しばし沈黙。
「入浴剤(の袋)を置いてあったのは何を入れたか分かって欲しかったから。後ろに効果とか書いてあるから」と言葉を絞り出しながら、泣き出してしまいました。

さらに、同棲最終日は武田さんの34歳の誕生日だったので、「この6日間の感謝の気持ちもこめて、少しでも時間もらえたら祝わせてください」と提案しましたが、「明日は行かないでおく。別の機会で振り返る時間をとろう。時間たってありがとうが出てくるから。気持ちはどうもありがとう」と断ってしまいました。

【ダブルベッド】エピソード3(武田航平×山本ソニア)の7日間のあらすじはこちら

視聴者の反応は?

武田航平さんの肩を持つ意見も

山本ソニアさんが武田航平さんを擁護

エピソード3の最終話放送前に、山本ソニアさんがインスタライブをしました。
炎上騒ぎを予想してか、ファンのみなさんに涙ながらにメッセージを送りました。

「航平君が傷つくようなことは、私も傷つくから、変なメッセージとかコメントとかは私が悲しくなるので、やめましょう。大丈夫、私は元気です」

武田航平さんはどんな意見も受け止める姿勢

放送終了後に武田航平さんのインスタが炎上してしまいました。
その後、ストーリーで視聴者の意見を受け付け、「アンチコメ見てしまって心が痛いです」というファンからのメッセージに対し、次のように答えています。

アンチコメントするのもよい。
応援してくれるのはもっと良い。笑
どちらも本当にありがとうです。
(中略)
ぼくはダブルベッドやってよかったって思ってる
だからもう心痛めないでね?

 

【ダブルベッド】山本ソニアと最終回で炎上した武田航平のその後